未分類

ダニをできるだけ発生させないためにしていること

自宅でいると、必ずダ二がいますね。目に見える事はありませんが、ホコリなどにいることがわかっています。
そんな時、私もそのダニに悩まされたことがありました。そのため、できるだけそのダニが発生しないように気をつけているつもりです。
その工夫について、まとめてみました。

・直ぐに掃除をする
汚れている、ホコリが溜まっていると思った時、すぐに掃除をすることにしています。
夜中に気づくこともあり、その時も掃除をしたくなるのです。
そのことから掃除機のように音がするものではなく、音しない掃除方法で行うこともあります。
気づいた時に、掃除をすることがコツであると感じます。
その時にしないと、忘れてしまうおそれがあります。

・換気を度々行う
湿気のある部屋では、やっぱrダニが発生しやすいです。
そのため、湿気があると思ったときには、度々換気をすることにしています。
天気の良い時には、一番いいですね。
その時には、できるだけ窓を開けて新鮮な空気を取り入れています。

・布団を干す
布団は、できるだけ天日干しにするようにしています。
梅雨の時で、布団を干すことができない場合は、器具を使うことにあります。
しかし、それだけでは満足をすることができないのです。
一番は、やっぱりしっかりと乾燥させることが大事と感じます。

・絨毯を使わない
絨毯は、ダニの温床となるので、使わないことにしています。
冬は、少し寒いと思うこともありますが、そのことに慣れてきます。

・ソファはこまめにふく
案外とダニがたまりやすい場所として、ソファがあります。
そこは、掃除機を使っても十分にホコリが取れないこともあるので、その時にば丁寧にふくことにしています。

・洗濯物はすぐに洗う
洗濯をすることが多くなっています。衣類にもダニが住むこともあるので、清潔に心がけています。
いつも綺麗な洋服をきることができるように、洗濯は欠かすことができません。
時々、布団も洗うことにしています。
コインランドリーを使うことによって、簡単に洗うことができます。
洗濯できるものは、できるだけ洗濯を行うほうがいいですね。

・部屋を高温多湿にしない
部屋を高温多湿にしないように、心がけています。
梅雨になると、ジメジメして一番ダニが発生しやすくなりますね。
そんな時には、クーラーを使って除湿をするようにしています。
電気代はいりますが、ダニに刺されることを思うと、それのほうがいいと思うのです。
ダニ退治として、クーラーを使うようにしています。